横浜にある昭和レトロの街六角橋商店街その真ん中当たりにあるアートとクラフトそしておしゃれな雑貨のギャラリーショップ*2010年3月より風丸ファクトリー改め「MOON CAT」にリニューアルオープンしました。MOONCATが発信する個展、イベント情報や2階劇場のこぼれ話
ギャラリーMOON CAT 通信
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井村浩司写真展「KAIMAIRA」
2012-07-16-Mon  CATEGORY: MOONCAT2階劇場 個展・作品展のお知らせ
ギャラリーMOONCAT2階劇場にて、
今週21日から始まる写真展のお知らせです

井村浩司 写真展 「KHIMAIRA」
   7月21日(土)〜30日(月)

            12:00〜19:00
KHIMAIRA.jpg

展示内容について 井村浩司さんからのメッセージです

「被写体は性同一性障害である。より正確に言うならDSD(性分化症患)である。
そしてこれはセルフポートレイトであり、いわゆる’見る性’と’見られる性’が
完全に同等で対峙するものである。
DSD(性分化症患)とは生まれつき性染色体や性器、性腺などが男性か女性かで
統一されておらず、性が曖昧な状態を差す。
「KHIMAIRA」はギリシャ神話に登場する怪物。頭がライオン、胴が羊、尾は蛇から
なる。転じて概ね侮辱的に両性具有者を差す言葉となった。
 当企画はマイノリティ自らが自由と希望のメッセージを発するものである。
ひいてはあらゆるマイノリティが己のアイデンティティに無用な罪悪感を抱く事なく
己がままをポジティブに生きられる事を切に願う。マイノリティ応援企画である。」

展示は プリント額装6点
デジタルフォトフレーム5台(計500点をノンストップスライド上映)
また、2011年第54回短歌研究新人賞佳作『KHIMAIRA』(短歌篇・30首)
を併せて展示

************************************

井村浩司さんは、猫をモチーフにした作品を創る猫作家仲間であり、また
猫だけではなく、様々なテーマの絵画や立体制作、また短歌を詠み、それを
作品に反映させるとても多才なアーティストです
長い間 自身の内面にかかえていたデリケートな問題を、自分自身に
そして周囲や社会に、正直に発信したいという試みです
井村さんが去年から準備に準備を重ねて来たこの企画、ここに至る
までの心中は計り知れないモノがあったと思いますが・・

’あらゆるマイノリティが己のアイデンティティに無用な罪悪感を抱く事なく
己がままをポジティブに生きられる事を切に願う・・’


全ての存在への応援企画でもありますね

   
21日(土)は六角橋はヤミ市開催の日です
たくさんのご来場をお待ちしております
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 ギャラリーMOON CAT 通信. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。